施設紹介

し尿処理場

地域の公衆衛生の向上と生活環境の保全を図るため、各家庭などから収集された、し尿や浄化槽汚泥を衛生的に処理しています。

施設概要

外観
名称
五泉地域衛生施設組合 し尿処理場
構成市町
五泉市・阿賀野市(安田地区)
住所
五泉市論瀬8902番地2
電話番号
0250-43-3852
敷地面瀬
12,548平方メートル
建築面積
2,778平方メートル
竣工年月
平成4年3月
処理能力
91kl/日(し尿78kl/日、浄化槽汚泥 13kl/日)

所在地マップ

Googleマップで見る

設備紹介

受入貯留設備

収集されたし尿や浄化槽汚泥は、沈砂槽で砂利・金属類を取り除いた後、受入槽へ送られ、破砕後細目スクリーンで夾雑物を除去して、貯留槽へ送ります。夾雑物はスクリュープレスで加圧脱水後一時的にホッパに貯留したのち、ごみ焼却場で焼却処理します。

標準脱窒素処理設備

貯留槽より供給されたし尿に含まれる窒素やBODの大部分を脱窒素槽、硝化槽において脱窒菌や硝化菌の働きにより除去します。

凝集沈殿処理設備

二次処理水に薬品を注入して凝集沈殿処理を行い、リン、COD、SSおよび色度等を除去します。

オゾン脱色処理設備

凝集沈殿処理水に含まれる色度の大部分を、オゾン反応槽においてオゾン化空気と気液接触させることにより除去します。

汚泥処理設備

沈殿槽より引き抜いた余剰汚泥は、汚泥濃縮槽で濃縮した後、汚泥脱水機で脱水します。脱水汚泥は、ごみ焼却場で焼却します。

ろ過処理設備・消毒設備

オゾン処理水に含まれている微細な浮遊物をろ過塔で除去したのち、接触槽へ送り、消毒後安定した処理水として放流します。

脱臭設備

受入貯留設備より発生する高濃度臭気は、生物脱臭処理します。また、汚泥処理設備および標準脱窒素処理設備により発生する中濃度臭気は、酸・アルカリ洗浄後、活性炭吸着処理し大気放出します。更に受入室、前処理脱水機室などからの低濃度臭気は、活性炭吸着処理を行い大気へ放出します。

中央監視室 中央監視室
受入室 受入室
ブロワ室 ブロワ室
ポンプ室 ポンプ室
水槽上部室 水槽上部室
管廊 管廊
オゾン発生機 オゾン発生機
薬品タンクヤード 薬品タンクヤード
脱臭装置 脱臭装置
左から 二次処理水、凝集処理水、オゾン処理水、清水 左から 二次処理水、凝集処理水、オゾン処理水、清水

処理フロー

処理フロー ※クリックすると拡大いたします。